中退共制度の概要


この中退共制度は、独立行政法人勤労者退職金共済機構・中小企業退職金共済事業本部(中退共)が運営してるそうです。
中退共制度は、昭和34年に中小企業退職金共済法に基づき設けられた中小企業のための国の退職金制度です。
この制度に加入できるのは、次の企業です。ただし、個人企業の場合は、常用従業員数によります。
要するに、中小企業しか加入できません。
業 種 常用従業員数   資本金・出資金
一般業種(製造業、建設業等) 300人以下 または 3億円以下
卸売業 100人以下 または 1億円以下
サービス業 100人以下 または 5千万円以下
小売業 50人以下 または 5千万円以下
法律で定められた社外積立型の制度で、掛金は安全に管理運用され、退職金は確実に従業員に支払われます。
退職金は、中退共から直接、退職する従業員の口座に振り込まれます、事業主は受け取れません。
加入企業から他の加入企業に転職した場合は、加入期間を通算することが出来ます。
掛金が43ヶ月からは運用利息と付加退職金が加算され、長期加入者ほど有利になります。
中退共は従業員にとって非常にありがたい存在です、会社にとっても積み立てたほうが退職時の大きな出費が無くて良いと思います。
会社の退職金規定よりも中退共の退職金が上回っても、それは当然従業員の物になります、差額が会社へ払われることはありません。
会社が倒産しても安心です、自分の口座にしか振り込まれません。
加入条件を満たしているのであれば是非会社側へ加入を勧めてください。
詳細が知りたい方はこちら